HP制作・システム開発20年

基幹システム

基幹システムの構築においてもWEBの知識が必要

基幹システムとは企業の中枢となる業務系のシステムのことで、販売管理、製造管理、生産管理、顧客管理などの各システムを指します。

これまで、基幹システムは大手システムインテグレーター(SIer)がシステムの企画・立案から、要件定義、システム設計・開発、運用・保守までのシステムライフサイクル全般をトータルなサービスとして行ってきましたが、大手SIerの中には、インターネットの技術を十分に持ち合わせていない会社も見受けられます。

かつての基幹システムは、ホストコンピュータに専任のオペレーターが情報を打ち込んでいく形式が主流でしたが、現在はWEB(インターネット)を活用した基幹システムが主流となりつつあります。

その理由は、WEBを活用した基幹システムでは、各店舗の販売員や、営業部員、さらに企業のお客様が端末に打ち込んだ情報を、自動的にメインサーバーに集積することができ、オンタイムでの情報管理が可能になったためです。

また、WEB型の基幹システムでは、ホストコンピュータ型で必要とされてきた専任オペレーターが必要なくなるなど、費用の軽減が図られることから、新たに基幹システムを構築する企業ではWEB型のシステムを導入する企業が増えています。

WEB型の基幹システムを低価格でご提供

基幹システムの開発では、開発会社の規模により料金が大きく異なっています。
一般的には、WEB型基幹システム専門の開発会社よりも、WEB型が普及する以前から大規模な基幹システムに携わってきた大手システムインテグレーターの方が、料金が高い傾向があります。

もちろん、設計書などのドキュメント制作など必要なものもありますが、規模によって柔軟に対応すればよいことを、大手SIerは、金額を高くするためのごとく、不要な書類や過剰なセキュリティ対策を行うことがあるのです。

基幹システムもWEB技術の実績ある当社にお任せください。

基幹システム導入実績

  • 某証券会社
  • 某ECサイトのバックオフィス
  • 某防災機器メーカー
  • 外国人研修生支援機関
Copyright (C) 2015 AJBP Inc. All Rights Reserved.